自動成熟機能について


 設定シートで成熟月齢を設定することで、全自動で成熟処理が行われ、減価償却が開始されます。
 この成熟月齢を空欄にした場合、資産登録シートで、成熟月の欄への入力により、成熟させることになります。


 成熟月齢に24を設定すると、2月生まれは2月成熟となり、育成期間は25ヶ月となります。 
 2月生まれを24ヶ月分で2月成熟としたい場合は、投下費用の金額を上書き修正してください。



 資産登録シートで、成熟月に -(マイナス)を入力すると、その育成資産は成熟せず、翌年の育成資産に残ることになります。


プリンタ用画面
前
振り分け集計機能について
カテゴリートップ
取扱説明書
次
青色決算書への割り当てについて

メインメニュー

ログイン

ユーザID:


パスワード:






新規登録    パスワード紛失

サイト情報

ぺぱくら総合コミュニティ ぺぱくら総合コミュニティ
XUGJ XOOPS Cube
サイト管理者